オーガニックファーム 『百姓農園』

バイオダイナミック農法(ビオディナミ)で育てた、旬の無農薬 有機野菜をお届け

DSC_0396.JPG

| HOME | 農法 |

更新日 2015-06-30 | 作成日 2008-07-21

バイオダイナミック農法(ビオディナミ)

 バイオダイナミック農法(ビオディナミ)は、”宇宙の力”を作物の栽培に活かしていく、シュタイナーが提唱した農法です。

 バイオダイナミック農法の根底には、すべての生命は、地球上だけで完結しているのではなく、地球を含む宇宙の営みからも影響を受け、調和しながら生きているという考えがあります。そのため、種まきや苗の植え付け、堆肥作りや収穫などの農作業は、月や星々の運行からタイミングをはかり行います。

百姓農園の取り組み

種まきや植え付けのタイミング

 百姓農園では、天体の運行と作物の育成の関係が書かれた「種まきカレンダー」に従い、種まきや、植え付けなどを行っています。

畑の土の作り

 畑の土の状態は、土を食べ、舌で確認して、最適な状態に保つようにしています。バイオダイナミック農法では、農薬や化学肥料を一切使用しません。

 自然界にあるものを用い、特別に調合した調合剤を使用し、土の中の生態系を豊かに育てます。すると土の中の生き物が、自らの力で土を浄化していきます。そのため、百姓農園の土は、臭みやべとつきがなく、安心して口にすることができます。

 肥料には、有機野菜セットと共に送られてくる卵の生産者、隣村の佐藤さんからいただく鶏糞を使います。にわとりさんの餌には、発酵菌を用い、草を中心に与え、水は地下水を与えています。餌に遺伝子組み替えの飼料や着色料は一切含まれておりません。

調合剤作り

 写真の手の平に乗っている黒いモノが、調合剤の元です。牛の角に牛糞をつめて、冬の間大地に寝かせて春にほりあげます。そして、この調合剤の元と水をバケツに入れ、1時間ひたすら、手で攪拌します。右回し20秒、左回20秒、それを永遠に繰り返し、1時間たてば完成!完成した液体を畑全体に、ほうきでしずくを垂らし、散布していきます。これを春と秋の2回行います。

07 7月21 500番調剤.jpg

旬を逃がさない

 毎日、畑に通い、作物の状態を確認し、一番美味しいタイミングを見計らい、野菜を出荷しています。

調剤作りと散布の映像

調剤作り


調剤散布